リーザと十二月の神々

少女リーザは、家族と森の城へと旅行にやって来たが、そこにいるのは支配人のパベルをはじめ怪しい人間ばかり。夜も更けた頃、城の中を歩き回っていたリーザは壁の中に吸い込まれ、異次元・・・。