いしゃ先生

昭和10年、出羽三山の主峰・月山の麓を、急ぎ歩く女性がいた。志田周子(ちかこ)、26歳。故郷の父から『ハナシタイコトアリスグカエレ』という電報を受け取った周子は、取るものもと・・・。